歴史

1772年の創立以来、ヴーヴ・クリコは「品質はただひとつ、最高級だけ」のモットーに忠実であり続けています。その歴史には、非凡なる女性、バルブ・ニコル・ポンサルダン、すなわちマダム・ヴーヴ・クリコの足跡が残されています。この27歳の若き未亡人は、夫の早世に打ちのめされましたが、勇敢にも家業の舵を取ります。品質に妥協せず、世界に乗り出し、卓越性と革新性を好む姿勢を後継者に伝えました。

ヴーヴ・クリコの歴史の詳細

主要な年代

1772年以降、ヴーヴ・クリコの歴史にはブランドのイメージと国際的名声を作り上げる重要な節目がありました。マダム・クリコが1805年に会社の手綱を手に取ったときから2011年の”Hôtel du Marc”の再開まで、最初のヴィンテージ・シャンパーニュの生産や動瓶台の発明、イエローラベルの作成を含め、歴史の中のエピソードはヴーヴ・クリコが常に忠実に守り続けている規範、豪放さおよび革新性を実現しています。

主要な年代の詳細

遺産

1772年に創立されたメゾン・ヴーヴ・クリコ・ポンサルダンは、多様な優れた遺産を誇っています。この遺産には、シャンパーニュ地方で最大のブドウ畑の一つと、最初期の生産からメゾンの様々な責任者により長い時間をかけて築き上げられた最高品質の一つも含まれます。中世風のセラーはゆっくりと熟成するワインの貯蔵場所となっており、メゾンの他の資産には、現在は歴史的モニュメントとなっている”Hôtel du Marc”や”Pavillon de Muire”といった格式の高いレセプション会場や、近隣のワイン醸造村である”Manoir in Verzy”があります。最後に、2世紀を超える商業、醸造およびブドウ栽培に関する活動の歴史と記憶は、ランスのメゾンにある”Pavillon du Patrimoine”に保存されています。

ヴーヴ・クリコの遺産の詳細

ブドウの芸術

メゾンのモットー「品質はただひとつ、最高級だけ」を裏打ちする大地への敬意の念は当社の遺産の一つであり、当社の技能の中心であり続けています。
ヴーヴ・クリコでは、ワインの母であるブドウ畑が最大の関心事です。季節の移り変わりにつれ、ブドウ畑は可能性を最大限に発揮するのに必要なケアを受け、優れた品質のブドウという最良の結果を示します。

ヴーヴ・クリコによるブドウの芸術の詳細

ヴーヴ・クリコ・ビジネスウーマン・プライズ

1972年にメゾン設立200周年を記念して、ヴーヴ・クリコ・ビジネスウーマン・プライズ(Le Prix Veuve Clicquot de la Femme d’Affaires)が設立されました。これは、毎年、優れた企業家精神を持つ女性を選択し称えるもので、ビジネスの世界で優れた女性として頭角を現したマダム・クリコにオマージュを捧げています。「素晴らしい女性」の地位を引き継ぐ女性たちは、あらゆる課題を乗り越えることができるリーダーシップ、大胆さ、クリエイティビティ、そして才能豊かなパイオニアと言えるでしょう。
設立以降、ヴーヴ・クリコ・ビジネスウーマン・プライズ(Le Prix Veuve Clicquot de la Femme d’Affaires)は世界29ヵ国の340人以上の女性に賞を授与しています。

Business Woman’s Awardの詳細