テイスティング術

ヴーヴ・クリコのシャンパーニュを味わうには、すべての上質のワインと同様に、守るべきいくつかの決まりごとがあります。シャンパーニュは光と匂いを避けて10℃~12℃で保管し、約8℃(凍らないようご注意ください)でテーブルに出し、9℃~10℃の間でお飲みいただくのが最適です。また、温度が低すぎるとアロマが広がりません。

 

熟成したシャンパーニュは、もう少し高い温度で飲むのが適しています。シャンパーニュを冷やすには、アイスバケツに半分まで水と氷を入れて、ボトルをつけて20分くらいで十分に冷えます。最もおいしく味わうには、口の広いフルート型のグラスで飲むことをお勧めします。アロマがよく香り、最高の泡立ちを楽しむことができます。