ブドウの芸術

ワインは豊穣の母とされ、「最高の品質のブドウ」から作られた最高のワインとなるように、ブドウ畑ではシーズンを通して様々なケアがなされています。

ハーベストダイアリー

本日、収穫が始まりました。
 
大変喜ばしいことに、1300名以上もの人が参加しています。この2,3週間の間、今年実った果実を収穫します。これがシャンパーニュを造る最初の一歩です。
 
ヴーヴ・クリコメゾンの一人一人、そしてオノロジストやテクニカルチームなど、シーズナルスタッフが一致団結し収穫に貢献しています。又、ブドウ畑での労働だけでなく、我々チームはそれぞれこの一年で最も大切な時間に知識や情熱を注いでいます。
 
この特別な時期、皆様にもご参加頂く為に、毎日の様子をシェアさせて頂きたいと思います。畑の大きさにかかわらず、収穫はブドウ畑にとって大事な瞬間であり、技術的にも人間的にも大変重要で、毎年新しく塗り替えられる大きな冒険なのです。
 
1週間に2回、この収穫ダイアリーを皆様にシェア致します。是非この収穫の日々に、ヴーヴ・クリコの一員として情熱をもってご参加頂いていると感じて頂ければ幸いです。遠く近くの世界の国々で、皆様のワイン醸造への関心が、2014年度ヴーヴ・クリコの収穫への貢献となることでしょう。 
 
C.レナルド - ヴィンヤードディレクター
 
 
Sketches: Martin Tourné / Agence Fantom

ブドウ畑から
ボトルまで

冬は剪定の季節で、3月末まで丁寧に手で剪定が行われ、その後は、枝はブドウ棚に結び付けられます。5月には、まだほとんど着果していない新芽が摘芽されます。また、ブドウの木を病気から守るために細心の注意が払われます。収穫開始時期の100日前となる6月20日前後になるとブドウの木は花をつけます。そして収穫を迎えるまで、木の枝は縦方向に生育され、新芽は最適に光合成ができるよう切り揃えられます。

すべてのステップ

環境を尊重して

「品質はただひとつ、最高級だけ」というモットーに表されている通り、土地を尊重することは当社の伝統の一部であり、コアビジネスの基本でもあります。これは、パートナーとお客様すべてと共有する基本的な価値観で、環境保護に関して5つの主要なコミットメントを通じて当社が取るイニシアチブすべてを決定づけるものです。主要なコミットメントは以下の通りです。

  • 1. 環境リスクの監視
  • 2. ビジネスから発生する環境への影響を削減
  • 3. 業績を向上させる目的で、責任に関するポリシーを訴求
  • 4. 環境保護のアプローチにおいて、すべての社員とパートナーを関与させる
  • 5. 当社の環境要件/価値をシェア

当社のコミットメントについて