Dessin/Drawing : Florence Deygas
Dessin/Drawing : Florence Deygas Dessin/Drawing : Florence Deygas Dessin/Drawing : Florence Deygas Dessin/Drawing : Florence Deygas Dessin/Drawing : Florence Deygas

イエローラベル

シャンパーニュ・メゾンは、そのメゾンが造るブリュット・ノンヴィンテージの特性によって、まず判断されます。ブリュット・ノンヴィンテージは、他のどのワインよりも、そのメゾンのアッサンブラージュ法をよく示しているからです。
力強くて複雑な味わいのイエローラベルは、ヴーヴ・クリコのスタイルを確実に継承したシャンパーニュです。そのアロマティックな特性は、きっと記憶に長く残るものとなるでしょう。

イエローラベルの特徴 イエローラベル コレクション

Dessin/Drawing : Florence Deygas Dessin/Drawing : Florence Deygas Dessin/Drawing : Florence Deygas Dessin/Drawing : Florence Deygas

ローズラベル

会社設立からちょうど3年後の1775年、ヴーヴ・クリコはシャンパーニュの歴史において、ロゼ・シャンパーニュを最初に採用したことで、その革新的な精神を世に示し始めました。

他社のロゼ・シャンパーニュは黒ブドウを白ワインに漬け込んで造られたものでしたが、ヴーヴ・クリコは1818年に、赤ワインと白ワインをブレンドする手法でロゼ・シャンパーニュを造り始めました。

エレガントでフルーティーなこのワインは、五感を解放し、魅惑し、舌をうっとりとさせます。ラベルには、マダム・クリコのサインがインペリアルレッドで入っています。まさに、真の喜びの時間を約束するワインと言えるでしょう。

ローズラベルの特徴 ローズラベル コレクション

ホワイトラベル

ヴーヴクリコのドゥミセックは、メゾンで最も素晴らしいクラシックなシャンパーニュです。

19世紀から20世紀初頭まで、人々はリキュールの割合が高い甘いシャンパーニュを好んでいました。

絶妙なバランスを持つドゥミセックは、デザートと一緒に楽しむために理想的なシャンパーニュだと言えるでしょう。

ドゥミセックシャンパーニュについて

ヴィンテージ

 

シャンパーニュにおける用語「ヴィンテージ」は、同じヴィンテージ年(上作の年)に収穫したブドウから造ったワインをブレンドしたものをいいます。ヴーヴ・クリコのヴィンテージ・シャンパーニュは1810年に初めて造られ、それ以来、ヴーヴ・クリコはこの伝説的なワインによって有名になりました。

ブドウの出来がよければ素晴らしいヴィンテージ・シャンパーニュができるというわけではありません。ひときわ優れたヴィンテージ・シャンパーニュを造るには、セラーマスターの才能や洞察力を必要とします。ワインはセラーマスターに見守られながらセラーの中でゆっくりと長い熟成の時を過ごし、やっと世に出るのです。ヴーヴ・クリコ ヴィンテージ・シャンパーニュは、2つの条件を満たしていなければなりません。1つは独自の個性を持っていること。そしてもう1つはヴーヴ・クリコのスタイルを尊重していることです。

ヴィンテージの特徴

カーヴ・プリヴェ

 

ヴーヴ・クリコ カーヴ・プリヴェは、長年にわたってヴィンテージ・ワインを造り続けているヴーヴ・クリコの歴代の醸造家達のバイタリティ、直観力、情熱、意欲が生み出した最高の成果です。いつの日か、類まれなシャンパーニュを世界中のワイン愛好家に提供したいという熱い思いに導かれて、ヴィンテージの成長を調整し、個性の発達を尊重・促進することに細心の注意を払ってきました。

現在の最高醸造責任者ドミニク・ドゥマルヴィルが、ヴーヴ・クリコの「カーヴ・プリヴェ」の扉を開きました。カーヴ・プリヴェはそれぞれ、極めて慎重に選択したレアなヴィンテージであり、類まれなコレクションです。

それぞれにナンバーが入ったヴーヴ・クリコ カーヴ・プリヴェ・コレクションは、そのヴィンテージ年特有の味わいを伝えてくれます。ヴィンテージ年とボトルのサイズに応じて、1本1本個別にデゴルジュマン(澱抜き)とドサージュ(容量調整)が行われました。そのため、1種類のヴーヴ・クリコ カーヴ・プリヴェで、微妙に異なるいくつもの味わいをお楽しみいただけます。

五感が解放される類まれな経験をご堪能ください...

カーヴ・プリヴェの特徴

ラ・グランダム

 

ラ・グランダムは、素晴らしい伝統のもとで、ずっしりとした時の重みを受けて誕生しました。格調高いこのシャンパーニュは、ヴーヴ・クリコ・スタイルの究極の表現と言えます。

この傑作は、ヴーヴ・クリコ創立200年を記念して、1972年に特別に造られました。ラ・グランダムという名前には、マダム・クリコへの賛辞が込められています。

シャンパーニュ・メゾンを経営する他の同業者から、尊敬と評価の印として「ラ・グランダム(偉大な女性)」と呼ばれたマダム・クリコ。その呼び名を付けられたラ・グランダム・キュヴェは、マダム・クリコの生涯を突き動かした原動(最高品質へのこだわり)をまさに象徴したものです。シャンパーニュ愛好家の間で、世界最高のシャンパーニュの1つとして知られるラ・グランダムは、ヴーヴ・クリコの誇りであり、喜びでもあります。軽やかで自由で独創的……このシャンパーニュは、なかなか手に入らないことで愛好家たちを悩ませます。なぜなら、ラ・グランダムは自然条件が完璧に調和したときにのみ、その姿を現わすからです。この傑作は今までに、1995年、1996年、1998年、2004年のブリュット・ヴィンテージ、1995年、1998年、2004年のロゼ・ヴィンテージとして世に出て、その圧倒的な素晴らしさで要求の多いワイン愛好家たちをうならせています。

ラ・グランダムの特徴 ラ・グランダム コレクション